ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 [DVD]
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 [DVD]

やぁっとみてきました。
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』はハリポタシリーズの中でも好きな巻なので楽しみにしていました。

映画は前作から2年ぶり?だということで出演者の子達の成長が著しかったです。
でかいんです。
特にネビル役の子。
ネビルってドジっ子で小さいイメージだったんですが、あんなに成長しちゃって…。
子役ってどっちに転ぶかわからないからこわいですね。

ストーリーの方は全体的にはおもしろかったけど、あの原作を2時間ちょっとにまとめるのはやはりたいへんなんだなぁと感じました。
「動物もどき」の説明とか「忍びの地図」は誰が作ったとか守護霊がなぜ鹿なのかとか、そういうエピソードがカットされていたのはちょっと不満でした。
ハリーのパパとその友人たちの友情や親子の絆がもっと描かれていれば泣けたのにな!
時間が足りないわけですが…。

ストーリーの奥行きには不満があるものの、あの夢の世界を違和感なく映像化しているところは相変わらずすごい。
普通に、違和感なくあの世界を見られるってことはそれだけですばらしいことなんですよね。

ハリポタ全7作をすべて映画化するとしたら子役達が完全に大人にならないうちにしてほしいものです。
急げ!

次は『キング・アーサー』をみにいきます。