何かひとつ仕上げて次に編むものを決めかねている場合、
在庫毛糸の箱をじっと見て、
持っている針を確認して、
糸と針に合うパターンを本やRavelryで探します。

編みたいものがあって、おもむろに毛糸を用意するのが正しい姿なのはわかってるんだ…。
でも毛糸モフモフ萌えだからつい毛糸から入ってしまうんです。
そして買うのはたいてい2玉とかだから小物しか作れなかったりして('ε'*)


それで2日程悩んだ挙句にRavelryで見つけたフリーパターンの帽子を編み始めました。
わたしのように「まず毛糸と針ありき」でパターンを探す人にはとても便利だよRavelry!!

帽子
使用するのは以前編んだEsterの余り毛糸。
針は20年もののプラスチックの4本針。
4本針だとどうしても針と針の境目で目が緩んでしまいます。
帽子を編むなら40cmぐらいの輪針の方がきれいに編めそうですよね。
でも1玉100円以下の毛糸を編むのに700〜800円する輪針を買うのはどうなのって思うわけですよ…。
もっと帽子マニアになって帽子いっぱい編むぜーってなったら短い輪針も買おう。

毛糸がちゃんと足りるかちょっと心配('ε'*)