手あみのポンチョとケープ (Let’s knit series―編んでみよう)
手あみのポンチョとケープ (Let’s knit series―編んでみよう)


ダルマ(横田)の毛糸を使ったポンチョとケープばかり18パターンが掲載されています。
かぎ針と棒針がちょうど半々で、前半にかぎ針、後半に棒針とキッチリ分かれていてわかりやすいです。

しかしわたしはまだひとつも編み上げていないくせにどんだけポンチョ・ケープにハマってるんだ…。
冷静に考えて、ポンチョやらケープやらって何枚も要りませんよね?(;´-`)
でも聞いて!
ポンチョにこだわるにはそれなりの理由があるんです。
1. 体型を気にしなくてよい。
袖無しの形状から細かろうが太かろうが長かろうが短かろうが、それほど大勢には影響しないはず。
もちろんすらりとした細身の人の方がきれいに着こなせるだろうけど、作る側からしたら袖の長さとか肩幅とかの細かい部分を考えなくてもいいからずっと楽だと思うのです。
2. マイカー移動中心の人に向いている…かも。
都会の人にはわからんだろうが車で移動するのが当たり前の田舎ではロングコートなど邪魔なだけなんですよ!
かさ高いジャケットも運転にはちょっと邪魔だったりします。
前が逆三角形になってるポンチョって運転の邪魔にならなそうじゃないですかね?
いやまだやったことないからわからないんですけど。

最近ポンチョ人口も増えてきてそれほど奇天烈にもうつらなくなってきたし、
そろそろ挑戦してもいい時期だと思うんですよ。
流行が廃る前に。
今しかない!(゚Д゚)

ええと、それで、
この本の中でいいなーと思ったものを列挙いたします。
まずはこのフリンジがかわいいポンチョ。
ポンポンフリンジのポンチョ

ボンボンシュクルというふわふわの毛糸を使用しています。
使用色の7番はピンクっぽいスモーキーないい色なので編むとしたら指定糸を使いたいと思っています。

次、裏表紙にもなっている編み込みポンチョ。
編み込み模様のポンチョ

忘れちゃったけど、どこかのブランドでこんな感じの編み込みポンチョを出してたぜ?
色味が渋くていいと思います。

最後、丸ヨークっぽい縄編み模様と編み込みが組み合わさったポンチョ。
部分編み込みのポンチョ

暗い色で編むと大人っぽくなるんじゃないだろうか。

紹介したのは棒針のものばかりですがかぎ針にもかわいいのがあります。
ワンピースに似合いそうな可憐なポンチョはかぎ針の方が多いかなぁ。

来年もポンチョが流行ることを祈りつつ構想を練るのでありました…(-人-)