ドイリー編みかけ

ベストの身頃は編んでしまったので、時間があるときはレース編みをちょこちょこしています。
今回編むにあたって、本に載っていたレース糸の糸端の取り出し方を実践してみました!

袋に入ったままのレース糸の芯をぎゅーっとつぶして取り出して、真ん中から糸を引き出す方法です。
なんと快適なんでしょう。
糸玉が動かないので良い(*´-`)


編み物をはじめた頃は「どこに針をさしたらいいのさ!?」とか言っていたわたしですが、
基礎本を買ってしっかり調べるようになってからはそれほどヘンテコなものができなくなりました。
ピコットの数は間違えるけどピコットの作り方は間違えない!!

わたしが使っているレース編みの基礎本はこれ。
レースあみ (日本ヴォーグ社の基礎BOOKゴールデンシリーズ)
レースあみ (日本ヴォーグ社の基礎BOOKゴールデンシリーズ)

かぎ針編みの基礎本とかぶってる部分もあるのですけど、この本はとても見やすいので好きです。
初心者でも、そうじゃなくても1冊あると安心だと思います('ε'*)