裾を二重に

オリムパスのメイクメイクフレーバーでセーターを編んでます。
最初は手袋にするつもりだったけど、どうやら手袋よりウェアの方が良さそうだと思ったのであっさり方向転換です。
メイクメイクフレーバーの紺色は濃い色のデニムのような不思議な風合いが出る毛糸なので、メリヤスオンリーの編み地でもそれなりに見えます。
デニム風だけにカジュアルな雰囲気ですねー。

さて、
このパターンでは初の試み、「裾を二重にする」というワザを使っております。
別鎖から目を拾う作り目をしてある長さまで来たら折り返して別鎖をほどきながら二目一度でいっしょに編んじゃうだけなんですけどね…。
簡単なはずなのに、終わってみたら一目落としちゃっていて、もうなんかほどくと大変なことになりそうだったのでなんとか修正しました。
修正した箇所が微妙に目立つんですけど、「洗ったら毛羽立つはず」&「後身頃の裾」ということでそのまま突っ走っちゃうことにしました。
前身頃だったらほどいてたと思うヨー('ε'*)

裏

しかしこの二重裾、なぜか裏から見た方がフラットできれいなんですよね。
洗ったりスチームを当てたりしたら表もシャンとするでしょうか。

二重の裾、結構かわいくて気に入ったかも。