メビウス編みのネックウォーマー

あまり使ってないボレロをほどいてメビウス編みの練習をしてみました。
ほどいたのはこのボレロ

ほどきすぎて糸がクタクタだし円周がちょっと大きくてスカスカだし真ん中のラインがちょっと気になるしであまり気に入っておりません。
試作品だしね…。

もっともっとふかふかの編み目が目立たない糸で、真ん中のラインが目立たないような作り目の仕方・模様で、もっとタイトめに編めば使えるものができるかも。
いや、正直言ってネックウォーマーがメビウスである必要ってあんまなくない?
ショールだったら何となく便利そうだけど。

よし、とりあえずメビウス編みをやってみたい欲は満たされたし、今度メビウスで編むならショールにしよう。
と、色んなことが学習できた試し編みでした。


メビウス編みにはニットプロ・シンフォニーウッドの輪針、150cmのケーブルのものを使いました。
ネックウォーマーに150cmは長すぎたと思います。
ちょっとケーブルが余ってめんどくさかったです。
そしてニットプロの針先はクロバーの匠などと比べて鋭いので、左の針の先端を右人差し指の腹で押して目を進めるクセを持っているとつらいかも。
指が痛くなるので親指と人差し指でつまんで針を押してました…。
編みにくいことは全然なかったんですけど。
要は慣れですかねー('Д'*)