ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]
ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]


ターミネーター・シリーズ4作目。
「審判の日」から10年後の世界、抵抗軍とスカイネットとの戦いの中でジョン・コナーがどういう風に人類の指導者になっていくのかが描かれた映画。

3作目はとんだガッカリでしたけど、今作のジョン・コナーはクリスチャン・ベールが演じていてかっこいい。
エドワード・ファーロングからクリスチャン・ベールなら許せるよ、わたし…。
その代わりにカイルが少しガッカリでな。

静止画で見るとT1のカイルとT4のカイルは顔立ちが似てる感じがするんだけど劇中ではなんだかずっと残念な感じがしてました。
モヤモヤと。
だってT1ではみんなマイケル・ビーンに惚れただろ?('ε'*)

キャストの話はこのぐらいで。
T4は全体的に映像が薄暗くて地味な雰囲気。
出てくるターミネーターもほとんどが旧型なのでサイバーアクションというより戦争もののようでした。
話や雰囲気が地味な分、人物描写に重点が置かれていて全体としては良い印象を持ちました。
T1につながっていく感じがよくわかって満足っす。

ところで、シュワちゃん型のターミネーターがちょこっと出てたけどあれってCGだったのかしら?('Д'*)