マス エフェクト Xbox 360 プラチナコレクション
マス エフェクト Xbox 360 プラチナコレクション


せっかくXbox持ってるんだから鉄板ソフトも遊びたいよ!('ε'*)
というわけで2007年のベストゲーム(海外)にも選ばれたというマスエフェクトというスペースオペラ的なストーリーのRPGを購入。
最新作は2だけど1ならプラチナコレクションでお手頃価格なのです。

西暦2183年、人類は宇宙へ飛び出し他の宇宙人が多数存在する銀河社会の仲間入りをしております。
そこで人類は確固たる地位を得るために政治的な駆け引きを行っているわけですが、その命運をかけた存在として主人公のシェパード少佐が選ばれます。
ミッションをクリアしていくうちに銀河全体を揺るがす陰謀に関わりそれを解決していく…って壮大なストーリー。

なんかもう普通にハリウッド映画を観ているような気分にさせられます。
RPGといっても戦闘はTPSに近く、ああいうガンアクションに慣れていないと最初のうちはかなり戸惑います。
わたしはそういうのかなり苦手な方なので当然のように難易度は最低ランク、そして初心者でも扱いやすい「アデプト」って超能力キャラで始めました。
個人的な気質としてはガンガン銃を連射する「ソルジャー」の方が好みなんですけどね。
それはもうちょっと慣れてからやろうと思います。

主人公のシェパード少佐はデフォルトではこんな容貌。
ジョン・シェパード少佐

精悍なイケメン軍人ジョン・シェパードって感じ。
シェパードでこの面構えを見てるとドラマ「LOST」のジャック・シェパードとかぶるよね。
男キャラでやるときにはデフォのシェパードを使いたい。

が、このゲームでは女性主人公も選べるので最初はそちらでプレイすることにしました。
わたしがチョー時間をかけてこしらえたシェパード少佐の顔はこれ。
シェパ子

陰影でちょっと怖くなってるけど唇ぽってりの美人すぎるコマンダー。
…たぶん。
海外ゲームの女性キャラでパッキパキの軍人だからこんな感じが限界でしょう。


で、ゲームの進度はというと、部下の大尉と性別不詳の宇宙人との三角関係の修羅場を体験したところ。
メインミッションのみの分量は少なめみたいですが広大なマップを行き来してサブミッションを片付けたり未探索の惑星を隅々まで探索したり、やり込み要素はたくさんあるので時間はいくらでもかけられると思います。

海外のゲームだから人を選ぶかもしれないけどすごくやりがいのある、よくできたゲームだと思います。
おもしろいよ!('Д'*)