ガッチガチなんですけど…

手持ちに純毛で極太の毛糸がありまして、
最初は『きょうの編みもの』のキャスケットを編んでいたのです。
それが編み進めるうちに巨大だということに気付いてほどき、
今度は『編みものワードローブ』のハンドウォーマーを編みかけたところ。

どちらも本の指定糸はパピーのブリティッシュエロイカです。

このハンドウォーマーはブリティッシュエロイカを7号棒針で編むことになってるんですけどね、
仕上がりサイズ通りに編もうとするとすごくキツく編まないといけなくてどうしてもガチガチのハンドウォーマーになってしまうのです…。
三國さんが編んだものもこんなにガッチガチなんでしょうか。
実物を触りたいですよ…。

思えば過去数回、三國さんのブリティッシュエロイカ使用パターンを極太糸で編んだ時は100%巨大になってしまっていましたっけ。
指定糸で編んだからってぴったりサイズになるとはとても思えない隔たりを感じるんですよねー。
こんなに合わないのはわたしがフランス式で編んでいるからか、それとも何か他にユニークな理由があるのか。
ブリティッシュエロイカ案件に取りかかるたびに悩みます。

このハンドウォーマーもじきにお蔵入りになるでしょう。
三國さんの本で指定糸に「ブリティッシュエロイカ」と書いてあった場合は細い糸と針に変えて編んだら問題解決するかなー?
今度はそうしてみよう('ε'*)