最近とにかく手書きで色々書くことが多いです。
日誌を書いたり、モーニング・ページにチャレンジしてみたり、仕事でも業務ノートをつけてみたり。

書く時に使うペンはユニボールシグノの0.28mmボールペン
これは替芯を買いだめするぐらいお気に入りです('ε'*)

個人的な日誌に使っているのは能率手帳のNOLTY。

7133 NOLTYメモリー3(ピンク)
7133 NOLTYメモリー3(ピンク)


1ページに2日分書けるタイプです。
あまり長い文章は得意ではないので、わたしにはこのあたりが現実的。
NOLTY メモリー3

書店で実物を見て確認して使いやすそうだから買ってきたんですけども、実際使いだすと使い勝手云々よりこの紙質のスベスベ感がすごく心地いいです。
ペンがサラサラすべるすべる。
そこらの再生紙とは一味違う書き心地ですごく満足です。
やっぱり紙質って大事よ。

ところで、モーニング・ページというのは「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」で紹介されていた方法で、朝、心にうつりゆく由なしごとをノートにそこはかとなく書きつくる感じのことです。
朝起きてノートに3ページ書くって結構たいへんなことです。
原書では当然英語での3ページを想定しているはずなので、日本語で書くなら3ページより少なくてもよさそうですよね。
そう思って自分向けには勝手にハードルを下げています。
モーニング・ページ用に使っているのは無印の単行本ノート
だいぶ前に買ったものの持て余していたものだったので使い道ができてほっとしています…。
無印の単行本ノートもかなり書き味サラサラ。
再生紙なのにサラサラで、心にうつりゆくのをサラサラと書くのにちょうどいいです。
ページ数が多くて安いしね。

スマホもパソコンもあるけどまだまだ手書きに頼ってしまいますなぁ。