結構DVDを観ていたのに放置していました…。

・ted
テッド [DVD]
テッド [DVD]

下品なくまのぬいぐるみと主人公の友情物語。
最初の方のダラダラした部分が激しくどうでも良くて早回しで観ましたよ…。
いやぁ、わたしこんなの初めてですよ。
でも一応最後までちゃんと観ました!

・クラウドアトラス
クラウド アトラス [DVD]
クラウド アトラス [DVD]

わたし、トム・ハンクスの映画好きなー('Д'*)
過去から未来まで6つの時代の物語で構成されていてそれぞれに「アザを持つ人」がいてそれぞれの時代に生まれ変わりと思える人が出てきます。
非常に分かりにくい話で、最初に観た時はアザを持つ人がずっと同じ生まれ変わりなのかと思っていました。
でもたぶん違うんだね?
たとえば、トム・ハンクスならずっとトム・ハンクスがやってる役の人に生まれ変わっていっている。
悪党だったり善人だったりちょい役だったりするけど、トム・ハンクスがやってた役の人は次の時代でもトム・ハンクスに生まれ変わっているようです。他の人も同じ。
そうするとあのアザって何なの?ってことになるけど、まぁたぶんその時代のキーパーソンとかいう意味合いなんだろうなーと思います。
複雑だったけどおもしろい映画でした。

・ライフ・オブ・パイ
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [DVD]
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [DVD]

アカデミー賞で話題になっていた映画です。
観るまでは普通に動物ものだと思っていたけど全然違った(;°Д°)
なんで動物ものだと思った。。。
だいぶ宗教色の強いイメージで、観た後はちょっと考えさせられました。
実際は後からした話の方が真実だったんだろうなーとか。

この映画でなによりも特筆すべきは映像美でした。
映画館で、しかも3Dで観ることができていたらどんな感じだったろうと思わずにはいられません。
「これは」と思う映画は映画館で観ないとだめねー。