「素敵」の法則
「素敵」の法則


本仮屋ユイカさんがラジオで紹介していて興味を持って、「素敵」の法則という本を読んでみています。
何を着たらいいのかわからなくなったアラフォー世代向けのおしゃれ指南本です。
そういえば40歳〜50歳向けのおしゃれ指南本が最近特に増えてますよねー。

40代以降が迷子になりやすい年代なのはわたしもわかる気がします。
キャラクターものなんて着たら大変なことになるし、カジュアルすぎると一気に生活感にあふれるし、今流行のナチュラル系とか普通に地味なもっさりおばさんになるし…。

若さってそれだけで偉大デスヨネー。

この本では、ファッションのタイプが顔立ちや体型の印象によって4つのグループ8つのテイストに分類されます。
複合型もあるので種類としてはもっと多くなるのかな。

○ノーブル系
・ノーブルフェミニン
・キャリアクラシック
○クール系
・マニッシュクール
・アジアンスマート
○キュート系
・アクティブキュート
・ニュアンスボーイ
○ワイルド系
・ワイルドシック
・エキゾチックセクシー

本によると身長が173cm以上あると十中八九ワイルドシックに分類されます。
わたしは172cmぐらいだけど靴を履くとすぐに数センチ高くなるしな…ってことで173cm以上の計算にしています。
そんなに華奢でもないし、大きい方にしといたほうが間違いないと思っての判断。
同じ172cmでもなで肩だったり肩幅が狭かったりすごく痩せてたりする場合は額面通り172cm以下にカテゴライズされていいと思う。

ちなみに本に載っていたワイルドシックのイメージイラストはこんな感じ。
ワイルドシック


診断の結果、わたしはこのワイルドシックとキャリアクラシックの複合型ということでした。
全部のテイストの特徴を読んでみて考えてもわりと妥当な診断結果だと思います。
本ではテイストごとに似合う素材や柄、アイテムの種類が細かく紹介されていますので、買い物の時におぼえておくと役に立ちそうです。

服なんて好きなものを着ればいいという意見もありますが、自分の好きなものと客観的に合っているもののギャップは若い頃ほど力技では埋められないものです。
この本では似合うテイストに好きなテイストをミックスして取り入れることなども提案されていて、大人ならではの折り合いの付け方も学べてGOODです。

衣替えの時期でもありますし、これを参考にしてワードローブを見直してみようかな('ε'*)