手書きノートに色々整理するのに憧れて、参考になりそうな本を読みました。

・イラストで! 暮らし便利ノートの作りかた
イラストで! 暮らし便利ノートの作りかた (毎日の“気になる”をスクラップしよう)
イラストで! 暮らし便利ノートの作りかた (毎日の“気になる”をスクラップしよう)

イラストレーターさんの書いたノート作りの本。
基本切って貼るのでとっつきやすい感じです。

中身はほぼ作者のノートの作例で写真が多くてわかりやすいです。
イラストレーターらしいかわいらしさがそこかしこに見えてテクニックを真似したくなります。
こちら、おでかけお散歩ノートの例。
おでかけお散歩ノート

くいしんぼうノートの例。
くいしんぼうノート

きれいノートの例。
きれいノート

見ているだけで結構楽しめます。
他にもおしゃれノート、生活ノート、文科系ノートなどありましてかなり細分化されてる印象。
全部一冊のノートにまとめなさい的な本とは対極にあると言えるでしょう。

・ひとり時間がもっと楽しくなる 幸せノートのつくり方
ひとり時間がもっと楽しくなる 幸せノートのつくり方
ひとり時間がもっと楽しくなる 幸せノートのつくり方

こちらもノート作りの本なのですがHOW TOものというよりは自己啓発寄りなイメージ。
内容はノートの作例とエッセイが半々ぐらい。
いい女になるために、幸せになるために、ノート作りが役に立つよ!みたいな。
「そういうのいいから作例だけ見せて」って人でも作例部分は見応えあると思います。

ノートはリアルで大人っぽい印象。
いい旅ノートの例。
いい旅ノート

おしゃれノートの例。
032312

いいこと日記の例。
いいこと日記

スクラップの例。
スクラップ貼

VIVA自分ノートの例。
VIVA自分ノート

どちらも傾向は違うけど参考になりました。
しかしノートの種類が多くてどんな風に分けたらいいのかすごく迷います。
1冊にまとめるのは無理だと思うので何冊かに分けたいんですけど本に載ってるの全部では多すぎる…。
試行錯誤して何年後かに定着させるのがいいのですかねー。