先月から唐突に始まった部屋の模様替えで家具を全部動かしたわけですが、中でも力を入れたのが学習机のリフォームです。
小学校入学の時に買ってもらったあれな('ε'*)
30年以上昔のな…。

うちの学習机はナチュラルな木目の合板製で、重くてぶっちゃけそれほど高価でもないんだと思うんですけどあんなでかいものはなかなか動かせないし親に買ってもらったものだし捨てられるものではありません。
これまでは適当にドレッサー代わりに使っていたけれどやはりでかいしなんか薄汚くていやなので、思い切って本来の『書きもの専用机』に戻すことにしました。

リフォームするといっても切ったり削ったり塗ったりするのは嫌なので基本貼ります。

これは机の天板の様子。
傷だらけの天板

とにかくくすんでいるしカッターだか彫刻刀だかでえぐれてるしそのままでは使えない状態。
ここにはちょっとしっかりめの木目シートを貼ります。

今回はこれを使いました。

簡単に貼ってはがせるタイプではないので広い面に貼るのはちょっとたいへんでしたがひとりできれいに貼れました。
木目シートを貼った

こんな感じにすべすべきれいになって気持ちいい!

天板がきれいなら大部分満足なのですが、ついでに引き出しもやります!
引き出しには木目シートはもったいないのでマスキングテープでやっつけます。

最近はすごく幅広のマステが販売されていて壁紙にも使えちゃうんです。
mt casa

今回使用したのはmtのCASAシリーズ
最大20cmまで幅があって本当に壁紙的です。
これのマットホワイトを前面に貼って木目を消してから何か模様を付ける作戦をとります。

小汚い木目の引き出しに白をぺたっと貼って…。
引き出しにマステを貼る

ぴしっとタイル模様を貼る。
引き出しにマステを貼った

清潔感がぐぐっとアップしたゾ!('Д'*)

今は貼ったばかりできれいですが、所詮は紙なので強度はまったくないと思います。
何かでぶつけたりしたらすぐに破れちゃうと思うし白いところは汚れも目立ってしまうでしょう。
何年持つかわからないけれど汚れたらはがして、また別の模様にでもしちゃえばいいと思います。
はがしたり貼ったりしやすいのがマスキングテープのいいところですよね。



机の引き出しと本立て部分に使ってもまだマステがあまっていたので昔からある小物入れの引き出しもリフォーム。
よくいえばレトロな古くさいピンクの柄を白で消して、今度は全面にタイル模様を貼ります。
引き出しをリフォーム

2重に貼らないと下の模様が透けてしまうんです。
この調子で作業して、元々持っていたマステも使って仕上げたのがこちら。
引き出し完成

なんかすっきりしましたな。
この引き出しも、机の引き出しも、取っ手がイマイチなのでかわいいのがあったら替えてやろうと思っております。

マステでプチリフォーム、結構楽しかったです。
またやろう(´▽`)