石原5年ダイアリー

石原5年ダイアリーを購入しました。
この手の連用日記では同じ石原の10年日記が有名どころですがわたしは5年にしました。



実をいうと最初に石原の10年日記を買ったんですよ。
でも実物を手にしてみて、あまりの大きさ立派さに、「ちょっとこれはわたしの身にあまる。一家の主婦クラスが使うべきかもしれん。」と思い直して母親にプレゼントしたのです。
5年の方だとB6サイズでちょっとした辞書ぐらいの大きさで重くもないのでカジュアルに使えそうで気が楽です。

1日に書く分量としては5年も10年もさほど変わりはないんだろうと思います。
中身

すっかり過去のことにしてしまっておりますが、かつてわたしはフェリシモのですが10年日記を買ったことがあります
そして盛大に挫折しました。

すぐに思いつく挫折した理由は
・日付を書くのがめんどくさい
・ハードカバーが意外と使いにくい
・フリースペースすぎる

このぐらい。
まぁバイタリティの欠如とかもあるかもしれませんけど、そこは直しにくいんで(;´-`)

上記の反省をふまえて日付入りで、ある程度書くことが決まっていて記録に徹することができるソフトな日記帳を選んだわけです。
今度こそ続くと良いですなぁ。

続けられる自信がついたら10年の方にもチャレンジしてみたいものです。