日曜日に家族全員で日帰りで京都に行ってきました。

ウチの店の神棚がずっと空っぽだったのでお札と神具を買いに伏見稲荷まで('ε'*)



千本鳥居が有名です。





商売繁盛つって神棚に入れるならやはり伏見稲荷

古いきつねの置物をおさめて、新しいきつねさんと鳥居、のぼりなど、神棚をデコるアイテムを購入してきたのですけど、そりゃもうかなり人が多かった。

そして8割ぐらい外国人観光客。

噂通りでしたよ…。



伏見稲荷だけだと時間が余ったのでちょこっと電車に乗って祇園まで行きました。

辿り着いたのは八坂神社。

これも説明が不要なほど有名な神社ですよね。





こちらは「立派な神社を見て帰ってきた」って感じなんですけどここでも中国語や英語や韓国語や何かわからない言葉にあふれていましたよ。

島にいると外国語などほとんど必要ない、むしろ外国の人の方が日本語に寄せてきてくれる感じですけど本州のちょっと都会にいたら外国語を少しは理解できないと立ち行かないのではないだろうか、なんて思いますね。



結構歩いたのでかなり疲れたうえに日差しにやられて頭がガンガンに痛くなりましたけど、長年の懸案だった神棚問題解決と超久しぶりの家族旅行ができたのでよかったです。



おみやげは生八ツ橋よ。