4月下旬から5月上旬にかけて、なぜか片付けスイッチが入ってしまいました。



そして、古いパソコン3台、使っていないPS3Wiiプレイステーションセガサターン(!)などかさばるものを処分。

ついでに古いスマホやもらった本なども処分。



パソコンや機械類は売れるものではなかったので今話題の無料回収に出したのですけれども、出すための準備をするだけですごくたいへんでした。

なんといっても重いからね('ε'*)



下取りや回収に出す時の手間を経験すると、次に買うものは下取りに出しやすい小さいものにしたいと強く思います。

そして処分に困るようなものはそもそも買うべきではないと。



もし新しいものを買ったら、古いものはできるだけ早く手放した方がいいです。

今回手放した古いiMacは倉庫の中に5年ほど入ってたけれども、

大事にとってあっても一度も箱をあけることはなかったのですから…。



今のiMacもそろそろ買い替え時期です。

次にiMacに買い替えることは多分ないと思います。

なぜならでかいから。

appleには下取りサービスもあるので古いパソコンの処分についてはあまり心配していませんけど、箱がすごくでかいからパッキングのことを考えただけで疲れます。



小さいとか薄いとかいうことは歳を取ってからのモノ選びに重要な要素になるんですなぁ。