長年ホームページやらブログを書いてきたり、もっと昔はマンガを描いてみたりうっすら同人活動の真似事もしたことがありますので、自分は書いたり描いたりすることが好きな人間なんだろうと思っていました。



でも最近ちょっと微妙に違う気がしています。



こう、自分の内面を表現したい!みたいな欲望ではなくて、とにかく書くためのツールを使いたいだけなんじゃないかと。

マンガなら丸ペンGペンを使ってケント紙に描くという作業、もしくはペンやインク壺そのもの、なんならその様式美を愛していたのではないか。

文房具を集めて「さあやるぞ!」ってところまでが一番楽しかった気がします。



ブログやホームページも本文よりもガワを整えてた方が楽しかった。



そんなことをあまり使われていないカラーペンを見ながら考えたのでした…。